読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメとゲームとお馬さんと。

大好きなアニメ・ゲーム・漫画・音楽・競馬の話題が中心です。

お馬さんを好きになったきっかけの話。

さて、今日は何を話そうかな。

色々と書きたいことは沢山ありますが、順番にゆっくりと。

馬を好きになったきっかけでも書こうかな。

 

 

私は今年の4月から競馬を始めました。

きっかけは、職場の上司です。

その方は、昔からずっと競馬をしていました。

最初、私は 競馬=ギャンブル の認識がとても強く、ギャンブルを毛嫌いしていたので

その時も、中身をよく知りもせず「ギャンブル」というだけで偏見を持っていました。

馬だって、「ディープインパクト」という名を聞いたことあるくらい。

騎手なんて、「武豊」という名を聞いたことあるくらい。

本当に何も知らなかったし、そもそも私は競馬が…というか、ギャンブルが嫌いでした。

(その理由は後々書こうとも思っていますが)

 

けれどその上司を通して 競馬とはどういったものか。を知る機会に触れさせてもらうことが増え

とある日、たまたま競馬番組が放送されている時にテレビをつけ、何の気なしにレースを見ました。

1度小さい頃に何処かの競馬場に連れていかれたことがありますが 記憶が全くないので、

実質初めて見るレースだったと思います。

 

その時の、テレビ越しからでも伝わってくる迫力に興奮したのを今でも覚えています。

うまく言えないんですけど。ムチ使われて、痛々しくて、見てられない部分もあったんですけど。

なんていうか、馬がキラッキラしててとっても可愛くて、それでいてかっこよかった。

そしてレースが終わった時に、未だ背に乗っている騎手が、馬をポンポンと優しく撫でていたのを見て

何故かよくわからないけど感動したのを覚えています。

(今でもレースが終わった直後にその姿を見るとジーンとします。その光景が好きです)

 

それから少しずつ、私は競馬に対する認識や偏見が変わっていきました。

職場の方の言葉からも、私がずっと抱いていたソレとは違っていて。

「ちょっと見誤ってたのかもしれない」と思ったんです。

 

それからたまに、上司が週末遊んでいる競馬に、私も混ぜてもらうことになりました。

上司はPAT会員(インターネットで馬券が買える)なのですが、新聞を見せてもらい

私は面白い馬の名前だけで「これがいいです!」なんて言って選ばせてもらい、遊ばせてもらっていました。

 

すると、それが来ちゃうんですよねえ。笑

私の場合、人気関係なく名前だけで決めちゃってるものだから、それが来るとまた配当が高くて。

その時思います。「無欲ってすごいな」と。笑

上司には感謝されていましたが。笑

 

 

まあそういうことがあって、いつしか「自分で買ってみたい」って思うようになったんです。

競馬というスポーツを、もっと知ってみたいと。

こうして「思いたったら即行動!」の私は、ネットで調べその日のうちに即PAT会員への応募をしたのでありました。

 

 

そして、4月。

私はついに、自分で競馬を始めたのであります。

 

.